上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
7/31は、Pre-termが始まって2日目、夕方から入学式がありました。
入学生の私たちは、きっちりと正装するでもなく服装(Dress code)は"ビジネスカジュアル"。

でも、講堂に入ってみると、これからお世話になる教授一陣は、なんかアメリカの大学生が卒業式に着るような服を着てご登場していました。
(PhD=博士号をとるときに個人に与えられるらしいです。)

こういう風景を見ると、「あぁ、本当にアメリカに、MBAに、Whartonに来たんだなぁ」と少し感無量になっちゃった私。
教授を代表してスピーチをした人が、Azusa Nakamuraという方で、名前からすると日本人っぽいんですが、たぶん日系アメリカ人の方らしい。
Real Estateの担当で授業が大変好評な方らしく、ご自身もビジネス経験が豊富らしい。

その人が、MBA(一応ビジネスリーダーたりえよ、という位置づけ)新入生である私たちに送った言葉
 1.問題を解決する能力をたかめよ
 2.自分に自信をもて
 3.何かのことについて人から尊敬される人物となれ(人から尊敬されるものを持てるよう、何かにフォーカスしてそこに自己投資をしなさい)

うーん、奥が深そう。。
2.は私がいままで苦手としてきた部分、3.は思いもよらなかった部分…3.なんかは西洋の価値観というか、あまり日本にはない感覚のような気がする。

入学式2 入学式1

なぜか古巣となってしまった以前にお勤めの会社が、バンバン協賛をしているみたいで、毎日おなじみのロゴとご対面している私です。
入学式3

自己紹介でもてっとり早いので、以前****に勤めてた、って言ってまわっていたら、友達にも「Mayuの会社が出てるね!」と声をかけられている状況です。
ほっとするような、でもご卒業してしまったので、なんとなく違和感を感じるような。。。
ちなみに他に協賛している会社は、BCG(ボストンコンサルティンググループ)、Bain&Companyなどなど、コンサルや金融系が多いっす。
スポンサーサイト
2008.07.31 Thu l MBA奮闘記(カリキュラム) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mayurina555.blog95.fc2.com/tb.php/6-23aec6c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。