上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
まだ1年生ですが、もともと2年間しかないマスターコースでは、早くも今年夏に向けた就職活動が始まっています。

もともと、日本でサマーインターンをする場合は、選考スケジュールが異常なほどに早くて昨年の10月がピークでした。日本以外の地域では、アメリカがそろそろ本番を迎える時期です。
私の学校では1月下旬~2月上旬の2週間を、DIP Week (Dedicated Interview Period)と題して、集中的に面接が行われてサマーインターンのオファーを得るべく、みな必死になります。
日本人である私は、お蔭様でいくつか良いお話をいただいているものの、コンサルティングファームによってはアメリカと同じスケジュールで選考をするところがあって、あとほんの少しですがまだ就職活動をしています。

で、金融危機の真っただ中にある今年は、もともと人気が高いコンサル業界へ、苦しい金融業界からもかなり人が流れるだろうということで、大混戦の予想がされていています。
そして、コンサル志望の人がみな教科書にしている本がコレ↓
"CASE IN POINT"
   
Case in Point: Complete Case Interview PreparationCase in Point: Complete Case Interview Preparation
(2001/07/25)
Marc P. Cosentino

商品詳細を見る


ハーバード大学で就職アドバイザーをしていた人が著者のようですが、私の友人も皆絶賛するだけあって、コンパクトながらコンサルならではのケース面接の要点をついている良書だと思います。

内容としては、基本的な「なぜコンサル業界? いままでどんなことをあなたはしてきたの?」的な自分について述べる系の質問への心構えから始まり、最近「地頭」鍛えるトレーニングなんかで話題になっているフェルミ推定系の問題の対策(例えば、「ガソリンスタンドは全米で何件?」「東京ドームはゴルフボール何個分?」みたいな)、数値分析の入ったケースの攻略の方法まで、コンサルの面接で問われることが全般的にカバーされています。

私は準備に取り掛かるのが遅れちゃったので、急ピッチで追い上げるべくこの週末ガンバリマス~
スポンサーサイト
2009.01.05 Mon l 就職活動 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mayurina555.blog95.fc2.com/tb.php/23-0f73a809
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。