上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
先週から今週いっぱいのこの2週間はサマーインターンの就職活動期間ということでコア授業がすべて休講になり、学校としてはゆったりした2週間を過ごしています。

が、就職活動の方はさぁ大変。
就職戦線、異常アリアリ大混戦です。特にこちら米国市場は大変!!

PE、ヘッジファンドを始めとする金融市場はご存知のように冷え切っていてサマーインターンでさえも求人が激減しているので、ファイナンス志望の人はバッファでコンサルに加えて更に事業会社のGeneral Managementにまで手を出してるし、コンサル志望の人も枠が縮小している上にファイナンスから人が流れてきているので、やっぱりバッファで他業界も受けていて、どこの業界も「おしくらまんじゅう」状態になってます。
それでも私のスクールの中は学生同士が非常にサポーティブで、折角の機会なので何人かにコンサルケースのMock Interviewをしてもらったのですが、とても的確で鋭いアドバイスを沢山もらい、改めて層の厚さを感じました。

そんな普段は人に頼りっぱなしの私が、珍しく他校の友人から「コンサル面接についてなんか知ってたら教えて~」と頼ってもらい、色々語るうちに少々大作になったので、記念にこちらにアップしたいと思います(何のこっちゃ)

***************************************************

時間:45分×2名 もしくは 60分で1名、が多いパターンのような気がします。
 15-20分 Fit面接
 30-35分 ケース面接

1, Fit面接 主な質問
  1. レジュメ・経歴を簡単に言ってください。
  2. Whyコンサル?
  3. Why xyzファーム? (何でその会社?)
4. Leadership / Teamwork / Strength / Weakness あたりから1つ2つ
5. あなたがもし、前職の会社のCEOに合ったら、何を提案するか。    

 1. 2. 4. はMBA受験のエッセイ・面接の転用と3.はその延長上・発展系でいいと思う。いずれも大切なのは事象の羅列とならないよう、むしろ事実説明より「その時私は何を考え、何を選択/決断/努力し、その結果がどうだったのか」というプロジェクトX調に説明し「だから私はこういう人間なのよぉ」を伝えることが大切です。これはMBA受験もしかりでした。きっと他の面接でも有効な視点だと思ふ。
 1. 2. は大体先方から聞かれるが、3.が意外と聞かれないことがあり、その場合、質問の時に織り交ぜるように私は努力してます。
 意外と鬼門なのが5。他人の恋愛相談にはテキパキアドバイスできるんだけど・・・のごとく、とたんに詰まっちゃうんですよね、前妻の話になると。私もそうなんですが、皆も結構そうみたい。なので、事前に考えておくことをオススメします。

2, ケース面接
   以下パターンの①だけの場合、②だけの場合、①②両方の場合がある。      

 ①「日本に電信柱は何本?」 系は出る可能性があり。
  先日の面接では、「日本にはガソリンスタンドが何軒ある?」「現在のスキー人口は?」という質問が出ました。
  友人は、「今この瞬間に日本上空を飛んでいる飛行機の数は?」的なものを聞かれました。
  この手の質問対策には、私が個人的にオススメなのは
  「地頭力を鍛える -問題解決に活かすフェルミ推定」 細谷功/著 東洋経済新報社 
  です。
       
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」
(2007/12/07)
細谷 功

商品詳細を見る

    
 ②問題解決型ケース
  一つクライアントを想定されて、その会社のざっくばらんな情報と現状の課題が与えられ、それに対してどういう解決策を提示するか、というケース。
  質問しかいいませんが、ウラにあるのは紛れもなく「どういうプロセスで分析して解を導くのか」という分析力・ロジカルプロセスです。
  この手の質問対策には、みんながオススメするのが
  「Case in point」で、こちらのコンサル志望の学生なら誰もがバイブル的に持っているような本です
Case in Point: Complete Case Interview PreparationCase in Point: Complete Case Interview Preparation
(2001/07/25)
Marc P. Cosentino

商品詳細を見る


  英語ですが、思考プロセスやケース面接の進め方には非常に参考になります。

コンサルファームは自身のホームページ上で、面接のポリシーや対策、時には練習問題まで載せていることが多いので、一応受けるコンサルファームのホームページの採用画面を確認してみることをオススメします。

スポンサーサイト
2009.02.06 Fri l 就職活動 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mayurina555.blog95.fc2.com/tb.php/19-fa995276
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。