上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
3日目 12/23

4:00am起床、5:30amホテルピックアップにて、6時過ぎ発のマチュピチュ行き列車に乗り込む。『オリエンタル急行』とは行きませんが、この列車結構小奇麗で朝食まで出たのでした。そうと知らずにしっかり朝食を食べてきた私たちですが(こちらのホテルの朝食は4:30amからというように、かなり早くからやってます)、好奇心も手伝って列車の朝食もしっかり食べちゃった。

急勾配を列車はエッチラオッチラ、スイッチバックを繰り返して上っていく。クスコの町並みがきれいに見渡せて気持ちよかった。聞いたところによると、列車にのって最初、1時間半かけてたどりつく駅へは、車ではクスコから15分で着いちゃうんですって。
まぁ、今は旅、時間は気にせずにprice less、time lessなものを楽しみましょうということで

4時間かけて10時ごろにマチュピチュの麓のアグアス・カリエンテスに到着。ここではホテルが荷物をピックアップにきてくれて、私たちはそのままマチュピチュに向える。アメリカよりいいホスピタリティだなぁ。。
アグアス・カリエンテスからはバスで、急勾配の山を登っていく。途中で少しずつマチュピチュが見えて、俄然ワクワクしちゃいました。

頂上に着くとそこに広がるのは天空の都。すごかった。広がる段々畑に石造りの家々。この精巧な石造りがインカ文明の代名詞だったりするんだけれど、こんな山の頂上にきれいな石造りの都市をつくってしまうとは、やはりすごい文明です。
マチュピチュは宗教の祭典が主な目的で建てられた街、というのが現在の見解とのこと。太陽の門という石の門を境に、内側は貴族以上の身分しか入れず、厳しく管理されていたらしいです。
その思想は、天上界・地上界・死の世界の3つをベースに、天上界のシンボルはコンドル、地上界のシンボルはピューマ、死の世界のシンボルはヘビだったそう。
宗教思想と精密な建造物が見事に融合した、神秘的な遺跡でした。

帰りは遺跡の出口で、パスポートにハンコを押してもらえます。国じゃないはずなんだけど…いいのかな、と思いつつ、旅の記念に♪

夜は麓の街アグアス・カリエンテスで、アルパカを食べてみました。ガイドさんの、食べてみるべきとのオススメでもあったので。味はラムみたいで、ジンギスカンみたいな料理で出してもらったので結構おいしかった。可愛いアルパカちゃん、ゴメンなさい!!
スポンサーサイト
2009.01.04 Sun l ペルー旅行(2008) l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mayurina555.blog95.fc2.com/tb.php/10-bf6eb250
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。